妻 不倫 制裁

妻の不倫に制裁

妻が不倫相手との子供を妊娠したので制裁して慰謝料を取る。万が一にも奥さんの不義が分かっても、自分の言葉でリベンジしない方が賢明です。というのも、自分で制裁措置を加えようとすると、あなたの立場が悪化してしまうためです。

 

相手に過失があるからと言って、嫁はんに大音声で叱責してしまうと、ドメスティックバイオレンスと理解されて離婚裁判に訴えられたときにすごく立場が弱くなります。
酷い語気で非難されたので鬱病になってしまったと診断書を書かれて、家内が法廷に提示してしまうケースもあります。

 

でなければ、密夫を打ちのめしてやりたいと立腹する男性もいると思いますが、奸夫に対して傷害を与えると自分自身が捕らわれ者となってしまいます。

 

よしんば肉体的制裁を働かなかったとしても、声を張り上げて怒鳴りつけてしまったら脅迫罪で訴えられるケースも多くあります。

 

自分の言葉で制裁措置を加えると、実をもって不憫な幕引きになることが主である。

 

 

ワイフと結婚生活を回復する方法とは?。

 

万が一上さんが情事をしていたことが事実でも、どうにかして家内との夫婦の絆を再構築したいと期待する旦那さんはおられると思います。

 

一生涯、このウーマンを幸せにすると言い切って一緒になった相手ですから、この罪は許してあげて、生活を修復したいと思う夫は多いはずです。

 

とはいえ、絶対に注意しなければならないのは、女心を思いやってあげることです。